読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空はどこから

地味に日記を書いていきます

白山、雨の根性踊り

この日、奉納祭りの開催予定は文京区、白山神社だけだった

f:id:faimil:20160920165535j:image

天気予報は雨のち曇り、降水確率40%……だから、降るのか降らないのか、どっちだよ!?

降水確率のなかった時代には「所により雨」っていう表現があった……だから、所ってドコだよ!?

いやいや、これは八つ当たり。雨模様なのは分かっている。知りたいのは盆踊りをやるのか、中止か、そのことだけだ

 

私の家は葛飾寄りの県境――文京区はいささか遠い

取りあえず行ってみよう、と雨の中、車を走らせる

盛んに動くワイパーを見ながら「文京区では止んでるかも知れないね」って、そりゃ無理だよ

雨に濡れた街中のポスター

f:id:faimil:20160920164103j:image

初めての場所はいつも駐車場で迷う。知らない街を車でうろうろするのは大変

神社まで1キロくらいあったけど、広い駐車場があったから突っ込んだ。

テクテク……途中、ほうろく地蔵

f:id:faimil:20160920164022j:image

なんと八百屋お七を祀った地蔵さんだった

 
雨の街には祭りのムードがなく、不安を抱えつつ鳥居前へ

f:id:faimil:20160920220355j:image

浴衣の姐さんを見かけてホッとする

地元の人が浴衣で出かけるなら、何かは行われるのだろう

境内

所縁は分からないけど孫文先生の碑

東京である。現代史上のいろんな出来事が、この都の各地で起こっていたんだろうな

f:id:faimil:20160920164201j:image 

シーサーみたいなこま犬、眼が金色。円谷プロなら光線が出そうである

f:id:faimil:20160920164141j:image

ここでも見つけた神社猫。2匹いたけど、撮る前に逃げられた

f:id:faimil:20160920164618j:image

露店は開いていた。本部に人もいる。雨の中、ヤグラがぽつん

f:id:faimil:20160922174340j:image

雨足は収まらない

そして、開始予定時刻17:30が近づく

スピーカーから音楽が流れる――カッパを着たおじさん・おばさんが二人、中央に飛び出して踊り出す

浴衣の姐さんが傘を差したまま踊りに続く

ファイミル夫妻もすわ!とばかりに傘を掲げたまま東京音頭

参加者が徐々に増え出す、カッパどころか傘も差さない踊り手もいる

ハッピをずぶ濡れにして踊り狂う若衆、白いワイシャツのサラリーマン、浴衣のおあ姐さんは頭に手拭いを巻いただけ――その姿の何たる風情!

ファイミル夫妻も傘を放り出す

ずぶ濡れになるにつれて、ヤケクソのように身振りはどんどん大きくなっていった

アヤのないストイックな踊りを心がけているファイミルも、八木節でダイナミックに腕を振るう

踊る阿呆って、こういうことを言うんだろうな

空はどこから?

空も地上も全部雨だよ!

f:id:faimil:20160920165310j:image 

曲の合間にアナウンスが流れる

「本日の盆踊りは中止となりました。6時の抽選会までの間、僅かな時間ですが踊りをお楽しみ下さい」

たった30分、されど30分、時を惜しんで全力で踊る

「あと10分となりました」 

「あと2曲となりました」

曲の合間にアナウンスが流れる。踊りの輪はヒートアップしていく

カッパ姿の小さな姿が目に入る

踊るおばさん達の間に、雨小僧が二人
f:id:faimil:20160920164745j:image

f:id:faimil:20160920164855j:image

一周廻ったら……

f:id:faimil:20160920164940j:image
一人増えてた(笑)

 

他にも曲は用意していただろうけれど、時を惜しんで流すとすれば、やっぱり定番曲が並ぶ

東京音頭・炭鉱節・八木節

「最後のー曲となりました」

――ご当地音頭、葛飾は葛飾音頭、墨田は墨田音頭、荒川は荒川音頭

締めのー曲は、大抵こういったご当地音頭だ。ここは文京区だから文京音頭があるんだろうな……と思っていたら、やっぱりあった

 

かくて約束の6時。シートに包まれて大切に太鼓が運び出され、あとは抽選会

 f:id:faimil:20160920164238j:image

 何しろ参加者が少ないので、踊っていると抽選券をいっぱい渡された

f:id:faimil:20160920164418j:image

特等商品二本、折り畳み自転車は……無事、地元白山の子供達に当たった

ファイミル夫妻、あんなに券を持ってたのに4等がー個w

f:id:faimil:20160920164303j:image
かくて――

愉しかったね!壮絶だったね!

ヒーターをつけた車の中、ゼリーを摘まみながら、ご機嫌で帰路についたのであった

白山神社の根性踊り、ありがと~(笑)