読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空はどこから

地味に日記を書いていきます

八月、ぢごくのきせつ

北海道出身、寒冷地仕様の身体には、関東の夏はキツい

30代の頃、京都に住んでいたことがある。土鍋の底のような京都盆地、暑い!熱い!

額から、ダア~と汗が流れる音が聞こえた。ホントに聞こえた

もう晩酌にビールなんて飲めなかった。身体に含んだ途端、ボア~と汗が噴き出した

ホントにボア~って音が聞こえた

ホントだってば!

だから、アルコールの代わりにレモン水を飲んでいた――もう息も絶え絶え

これ以降、私には晩酌にビールを飲む習慣がなくなった

 

関東圏に居を移して数年になるが、ここの夏も辛い。関東なんて道産子にとっちゃ南国だよ

京都は30代、今は50代、適応能力も生命力も落ちている。毎年、5月から9月まで夏バテだ

 

そんな中、今年は気合いが違っていた

ファイミル夫妻、散歩オタクになったのだ

歩きたくて仕方ない。休日は2万歩を目指してとにかく歩いた。ふくらはぎの筋肉痛が心地よい

 

お盆休みを含むこの夏、先ずは朝のラジオ体操、それから歩く。お日さまが昇りきる前に帰って一杯引っかける。

過酷な日中はエアコンを効かせた寝室に避難する

 

夕暮れ、またぞろ這い出して……各地の盆踊り会場を訪ねて踊りまくった

近畿にいた頃は河内音頭、盛岡はさんさ踊り、東京は――やっぱり東京音頭だね、それと堪んなく好きなのは寅さん音頭!

 

8月はブログネタがいっぱいだった

……でも書けなかった

記事を仕上げるだけの気力がなかった

頭は常にどんよりと曇っていた

身体は動きたがるのに、頭が働かない

頭が働かないから、身体が闇雲に動きたがる

まるで現実逃避をするように、身体ばかりが騒いでいた

 

これまで見たくもなかった2ちゃん、ネットの芸能ニュース、スマホで掘り続けた

何でもいい、新しい情報が得られないかと思った

非難、憶測、嘲笑……そこに盛られていた心ない言葉の数々

無責任に放たれる部外者の揶揄中傷……これって言葉のクズ、糞の塊りだね

 

身体はまるでルーチンワークのように動かしながら、胸は鉛を飲み込んだように重く、いつの間にか項垂れている

元気出しなさいよ――妻が背中をポンポンと叩く

 

この8月――初頭に地獄に堕ちて、何の光明も見出せないまま終わっちまった。せめて消息が分かれば、肉声が聞ければ、と思う

……でも、楽しいこともあったんだよ。ファイミルも生きているからね

 ブログが書きたい、とびきり明るいヤツをね

 

せめてサムネイルは爽やかに――

f:id:faimil:20160831214522j:image

佐倉市、くらしの植物園の「朝顔の水盆」

このネタも書きそびれた